アンドロメダ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第140球

<<   作成日時 : 2006/08/09 15:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 夢破れても、また新たな夢見て邁進する。その男は1年前には想像もしていなかった世界で短期間のうちに大躍進を遂げていた。まさに、うまくいきすぎて、気持ちが悪いほど…。アンドロメダ的夏…。その男は再び、スポットライトを浴びていた…。


 大阪・堂島では甲子園大会の組み合わせ抽選会が行われていた。カードが決まるたびに、場内から球児たちの歓声がわく。例年のことながら、いい雰囲気だ。


 本命なき大会といわれていた。センバツをぶっちぎりの強さで優勝した神奈川・丘陵は大黒柱のフリッシュ不在も響いて、予選で敗退している。マスコミのV予想もバラバラだった。しいてあげれば、センバツ4強の大阪・甫江天学院か、といったところだった…。




 「おっ、今年は神威も来たんだな」。抽選会場から約2キロ離れたホテルの一室でアンドロメダリーダーの大田原健太郎が神威にこう声をかけていた。

 「えっ、まあ…。よろしくお願いします」。大阪嫌いを公言して、甲子園大会さえもテレビ観戦を徹底していた神威は、思うところがあって、それを改めた。その事情は健太郎も知っている。知っていて、わざと茶化したのだった。



 埋もれた人材を発掘するアンドロメダにとって、甲子園大会視察も欠かせない仕事だ。例えばレギュラーでなくても、光る素材はいるかもしれない。そんな補欠選手に対してもプロの目が光っているし、網羅されてはいる。しかし、まず見ること。数多くのムダをこなしてこそ、いい仕事にありつけるー。この精神で臨んでいる、という。


 もちろん、地区予選や、それこそ、もっと以前から追いかけている選手もなかにはいる。そんな選手たちの成長ぶりをチェックするのも仕事のひとつだ。これをアンドロメダメンバーたちは楽しそうに行う。嫌々やっているなんてことだけはない。喜々としてこなしているのである。



 拠点のホテルには各地区の調査員が集結していた。北海道、東北地区担当、関東地区、東海、北信越地区 近畿地区、中国、四国地区、九州地区…。いずれも日焼けした面々が…。そして、リーダーの健太郎がこう切り出した。「神威担当の速水君(速水拳=長崎・桜福坂)が予選決勝で敗れたのは残念でしたが今大会にはアンドロメダ契約メンバーが2人ないし3人。準メンバーが2人ないし3人となっています」


 ないし≠チてところが曖昧だが、誰も疑問に感じていない。健太郎担当の東京・真極学園2年の古城遊撃手らメンバー内容がほとんどわかっているからだろう。そんななか神威が「今回は寅さんの担当がもう話題になっていますね」と言い出した。「そうそう、すごい注目ですよね」。各調査員からもこんな声が…。それが今大会のアンドロメダの目玉のように…。



 そして…。


 「まさか、こんなに早く、甲子園切符をつかむとは思っていなかった。正直、こっちもビックリだよ」と寅さん≠烽ソょっぴり照れた感じで答えた。

 「そりゃあ、そうですよね。去年の今頃は寅さんだって、こうなることを想像していなかったでしょうから。でも、彼はそっちの面でも才能があったんでしょうね。腰はもう大丈夫なんでしょ。いろんな意味でこれからが楽しみですよね」と健太郎が返す。いつものように優しく微笑みながら…。

 「まあね。ホント、彼はよくやったよ。面白いチームになったと思う。アイツも出てきたしね…。俺もエイチエフをやめてよかったと思う。こんなに素晴らしい仲間と素晴らしい仕事に巡り会えてね」。寅さん≠フ笑みもまた柔らかだった…。



 寅さん…。元九州エイチエフ一軍マネジャーの鬼車寅吉だ。現在はアンドロメダ中国、四国地区調査員兼サブリーダー。そして大会前から、違った意味で注目を集める広島代表・轟大学園に寅吉担当のアンドロメダ契約メンバーがいたのだった…。


 参照:第2球鬼車寅吉編http://skylove-s.at.webry.info/200511/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今までは、そのときそのときの記事を読んで思ったこと書いてたけど、いい加減最初から読みたくなってる。
だから、1話から順に時間かけて読んでく。

こんな奥の深い野球小説だからな。
クリックしていくぉ。
羽少佐
2006/08/14 10:25
羽少佐さんへ。
いつもコメントありがとうございます。最初から読んでいただけるとはうれしい限りです。よろしくお願いします。(重ねて甲子園編もよろしくお願いします)
妃垣俊吾
URL
2006/08/14 16:57
こんばんは葵です。

いよいよ甲子園大会
ワクワクしながら読ませていただきます。

ランキング応援!! σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっ♪
ネットで探す!e-Book 情報商材のレ...
URL
2008/03/29 20:52
葵さんへ。
いつもコメント、応援、ありがとうございます。甲子園編、よろしくお願いします。
妃垣俊吾
URL
2008/03/31 01:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

メルマガ野球小説アンドロメダ

メルマガ登録・解除
野球小説アンドロメダ

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
第140球 アンドロメダ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる