アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スポーツ」のブログ記事

みんなの「スポーツ」ブログ

タイトル 日 時
第305球
 「あの出会いがなかったら、今頃…」。アンドロメダ調査員の架嶺雄大は、また、そんなふうに考えていた。過去を振り返るたびに、そう思ってしまう。そして、また、いつものように「人生ってわからないものだよな」とつぶやいてしまう。「もう、これって、俺のクセだな。笑っちゃうな」。口元がまたまた緩んだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/10 01:15
第304球
 アンドロメダ調査員の架嶺雄大は思い出し笑いもしていた。「気がついたら、アンドロメダに入っていたからなぁ…」なんて考えながら…。「俺の原点である札幌が新たな出会いに導いてくれたんだよなぁ…」。昨日のことのように思い出された。1日、1日、変化していた自分の気持ちにさえ気づかずに通り過ぎた日々が…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 01:47
第303球
 東京都内のホテルでアンドロメダ調査員の架嶺雄大は、自然といろんなことを思い出していた。自分が担当した選手が愛知ソニックからドラフト指名された喜びをかみしめながら…。アンドロメダリーダーの大田原健太郎も同じだったのではないか。あの日がなければ、今はない。そして「彼」がいなければ今はない…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/06 02:48
第302球
 「彼」は生活のために必死だった。それが今のすべてだった。1回成功したら、その評判は口こみで広がった。「最高レベル」はなかなか難しかったが、その日の食事は何とか確保していた。アンドロメダ北海道地区担当調査員の架嶺雄大が初めて会った時は、ちょうど2週間が経過したところだったという。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/08 03:01
第301球
 歴史が動いた…。東京都内のホテルでアンドロメダリーダーの大田原健太郎はメンバーひとり、ひとりと握手をかわした。ついにプロ選手が誕生した。それも、一度に2人…。北海道地区担当調査員の架嶺雄大が少々、驚きの表情の九州地区担当調査員の神威小次郎の肩を叩いた。「やったな」と…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/24 02:06
第50球
 笑顔が素敵だった。何気ない仕草のなかで、さりげなく笑顔…。いろんな話をするなかで、何か妙にタイミングよく笑顔が出ているような気がした。でも、それが雰囲気をなごませた。そんな笑顔は難しい話の潤滑油≠ンたいなものだった、と思う…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/28 17:58
第49球
 自分にできることは何か? これをずっと考えた。可能な限り、紙にも書き出してみた。不思議とそこには素直な自分がいた、という。夢みたいな世界にチャレンジしてみよう、と考えた。背中を押してくれたのは、自分自身だった…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/26 18:57
第48球
 財産は人との出会いだった。多くの人と話し、接してきたことが、最後の最後で自分に大きな力を与えてくれた。1人ではとてもできなかった、と思う。結果的には1人でやったように見えることも、その実はやはり違っていた…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/12/26 01:43
第16球
 目標は父だった。あこがれた。尊敬した…。父なのに、雲の上の人だった。1年の半分は家にいなかった。あまり遊んでもらえなかった。あまり怒られたこともなかった。時々、怖い顔をしているのも見たことがある。こっそり笑顔を浮かべているのを隠れて見たこともある。トロフィーが毎年、増えていたような気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/18 19:00
第15球
 いつも2番目だった。運動も勉強も何でも。必ず一人だけ、光より前に誰かがいた。それがよかった。別に狙ったわけじゃないが、何となく、そうなっていた。人に頼られていないわけじゃないけど、何かあっても全責任を負わなくていい。それが精神的に楽だった…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/17 17:14
第13球
 節目、節目に大勢の人の視線を集めた。幼稚園の入園式、運動会、卒園式…。どこから狙われていたのか、わからない。拓馬はそんな環境で育った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/15 17:08
第12球
 レールがぎっしり敷かれていた。勉強した。いつも同級生よりも一歩どころか、三歩も四歩も先を行った。小学6年の時には中学3年生レベルの問題もスラスラと解いていた。2つ年上の兄・則之と競うように、机に向かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/14 17:52
第7球
 甲子園で大記録を達成した。敬遠四球を挟んで、6打数連続ホームラン。チームは3回戦で敗れたものの、神奈川・丘港高校1年生のラグナル・フリッシュ(日本名・三好譲)の名前はこれで一気に全国区となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/09 17:33
第6球
 涙が止まらなかった。言葉が出てこなかった。兵庫・尼崎の勝藤中3年の竜照はただ、泣きじゃくった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/08 16:54
第5球
 スーパー中学生に転機が訪れた。名古屋・堀清中学に多摩田あり、と全国に轟かせた豪腕。中学生にして150`を計測した亮を見るために、多数の有名高校関係者がスカウトに日参していた。それだけではない。プロ球団のスカウトもほぼ全球団が一度は見にきていた。将来の日本球界エースとさえいわれていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/07 16:41
第4球
 絶対やり遂げてみせる! 大門昭二は毎朝、心のなかで叫ぶようにしている。時には口に出すことだってある。負けてたまるか! だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/07 00:07
第3球
 生まれて初めて見る日本だった。いや、実際は2歳までは日本、東京・世田谷に住んでいた。でも、もちろん、覚えていない。だから、高校2年の春が実質、初だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/06 02:37
第2球
 鬼車寅吉40歳。プロ野球球団エイチエフ・ジャガースの一軍マネジャーを務めている。元左腕投手。24歳で社会人のクールセブンから入団し、1年目から貴重な中継ぎ役として活躍したものの、ヒジを痛め、27歳の若さで引退。打撃投手 球団広報、二軍マネジャーを経て3年前から現職に就いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/04 17:09
開幕
 夜空に桜が満開になった。歓声がこだました。最新型ヘリコプターの音はかき消されている。その一方で時代遅れの紙テープが舞った。昔懐かしいアドバルーンが浮かんでいる。人間のウエーブが美しい。海の匂いが心地いい。チャーター便が往復するたびに、人の波が拡大した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/11/02 18:51

トップへ | みんなの「スポーツ」ブログ

メルマガ野球小説アンドロメダ

メルマガ登録・解除
野球小説アンドロメダ

読者登録規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!
 
アンドロメダ スポーツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる